カンテラの・・・

カンテラの・・・

特撮オタク。映画も見る。

先送り人間と配信サービスの相性の悪さ

自分には先送り癖があります。学校の課題、部屋の片づけ、などなど・・・いつかやらないといけないけど「今」じゃなくていいものを期日が来るまでorいつまでも放置してしまいます。テレビの録画も溜め始めてしまうと途中まで見てたのにもうそこから消化していくのがめんどくさくなってしまい、消すかずっと残っていくことになります。ウルトラマンタイガは全話残ってるしNHKの4KウルトラQも残ってます。一番古いのは2017年末の血界戦線2期の8話でした。今気づいたけど9話録画できてない。

 

そんな先送り人間と相性がすこぶる悪いのが配信サービス。サブスクなどのいつでも見放題みたいなサービスは観たかった作品を見たらそこで終わってしまいます(家族で利用しているサービスだから自分のお金じゃないというのもあると思いますが)。配信されてるラインナップを見ていつか見たいな~なんて思いながらアプリを閉じる日々です。

 

サブスク以外で言うと、YouTubeの期間限定配信やネットラジオなどもそうです。このコンテンツは好きだけど更新されたらすぐ見たくなるほどの熱量を維持できないな~みたいなものは配信終了ギリギリに見るか気付いたら次のエピソードが配信されているということがほとんどで、見逃しが続いてリタイアしてしまうこともよくあります。なのでリタイアすることなく完走できたアギトは自分の中ではめちゃくちゃ珍しいのです。

 

kantera753.hatenablog.com

 

思い返してみれば「ブログも別に『今』じゃなくていいよな~」とか言いながらだらだらやってなかったのかもしれないです。気付いたからどうというわけではないですが。

この先に先送り癖が治る日が来るのかわかりませんがいつか向き合わないといけない日が来ると思いますがそれまでは永遠に先送りです。

深夜ラジオは毎週欠かさずに聴けてるのにどうして・・・

 

 

「カンテラの・・・」4周年です。

今年初ブログです。

マジメに記事を書き続けようがサボりまくろうが時間の流れは同じです。今日昨日でブログを始めてから4年がたちました。自分も20歳になりましたが特に生活は変わってないです。去年も相変わらず投稿数も中身も非常~に少なかったです。そんなブログでも見てくれる方がいるのは本当にありがたいです。ありがとうございます。

 

何もしていないから何も書いてないとかそういうわけではないのですが、何かの感想を書くにしても言葉がホントに出ないです。ブログやってないからだと思うんですけど最初に何書こうとかもぜんぜんわかんなくてそのまま下書きにもならないみたいなのがほとんどです。下書きになっても書くのにつまって結局下書きのまま一生日の目を見ずに削除するだけで完成しません。完成するのは一気に書けたやつ(ほぼない)とこれはちゃんとやろうと思ったものだけでした。最近(2か月前)に書いた好きなシャニマスカードイラスト10選はキャンペーンの期日を過ぎた時点でもうだいぶやる気がなくなっていたんですがなんとかこれをやらないともう自分は何も書けないぞ・・・!と執念で書き上げました。

kantera753.hatenablog.com

 

今年の目標はブログへのハードルを限りなく下げることと感想をTwitterでもいいのでできるかぎり残すってことですね。映画や特撮とかシャニマスのシナリオイベントの感想とかも書けるようになりたいですし、他にも自分のことをあまりにも書けていないので少なくとも月一ではがんばります。ホントです。

最近自分の話で言うとバイト始めました。正直面接受けただけでもう満足してます。

好きなシャニマスのカードイラスト10選

毎回久しぶりですね。ブログのやる気とモチベを継続させるのがブログを始めたときからの課題です。

久しぶりにブログを書くきっかけになったのははてなブログ10周年企画の「10にまつわる4つのお題」です。(他の人のブログで知りました・・・)もう11月7日に10周年は迎えているみたいなんですけど、キャンペーンは24日までやっているようなのでせっかくだからなんか書いてみようかなと。きっかけとやる気のタイミングが合わないと自分は動けないので参加できて良かったです。書いてる間に終わって参加できませんでした。この記事の意味の8割を失っています。

 

4つのお題の中から自分が選んだのは、『はてなブログ10周年特別お題「好きな◯◯10選」』です。一番書きやすそうなのを選びました。

自分が書くのは「好きなシャニマスのカードイラスト10選」です!なんだかんだ始めてから1年半もたつのに全然シャニマスのことをブログに書いてなかったのでいい機会でした。

 

シャニマスことアイドルマスターシャイニーカラーズにはカードが2種類ありまして、アイドルをプロデュースする「プロデュースカード」(pカード)とプロデュース中にプロデュースアイドルをサポートする「サポートカード」(sカード)の2種類です。pカードには基本的にアイドルが1人で描かれ、sカードには同じユニットのアイドルなど複数人が描かれています。今回はそれぞれ5枚ずつ選んでみました。絵の技術的なことは何も知らないので個人的に「良い~」「好き~」「かわい~」と思ったものから選んでいます。それではどうぞ。コミュの内容は加味してたりしてなかったりします。

 

~pカード編~

 

1. pSSR『空と青とアイツ』芹沢あさひ

f:id:kantera753:20211124200742j:plain

こんな感じで突然窓からやってきてほしい。
まず説明すると、これはプロデューサーの視点で、事務所の倉庫に基地を作っていたあさひが窓からやってきたシーンで、手前に写っている写真はあさひがとった空の写真です。秘密基地に窓からやってくるあさひ、いいですね・・・

 

このカードは服装が好きです。pカードごとに全部服装が違うのですが、あさひのカードの中で一番好きです。写真と同じ空色で、あさひの透き通ったようなイメージととてもマッチしていて似合ってます。ローラースケートに桜色はいってるのもいいですね。

 

2. pSSR『摩的・アンチテーゼ』田中摩美々

f:id:kantera753:20211123212455j:plain

 

普段と違う髪型!!!服装!!!

こういうのには弱い。これは雑誌の撮影で『わたしのなりたいもの』として着た衣装です。これが具体的に何なのかは劇中では明かされていないんですが、ふだんの服装とは真逆の文学少女のようなきちっとした制服衣装を着ながらいつもの摩美々らしいいたずらっぽい表情をするから脳がバグりますね。

f:id:kantera753:20211124213559j:plain

これはこの摩美々を見たときのプロデューサーのセリフ。

 

3. pSR 『まわるものについて』浅倉透

f:id:kantera753:20211123212458j:plain

 

美しい。

ただただ美しいです。笑顔も素敵。笑顔が素敵なだけでアイドルとして満点ですよ。浅倉透は基本的になにやっても絵になるんですがその中でもこのカードは特に好きなイラストです。このイラストでSRなのがすごいですよね。この1枚で雑誌の表紙飾れますよ。風でなびいているアホ毛も地味に好きポイント。

 

4. pSSR 『シャッターチャンス!?』和泉愛依

f:id:kantera753:20211123212507j:plain

 

愛依サマーーー!!!!!

この写真を見たシャニマス世界のオタクたちも同じこと言ってると思います。この普段のギャルな愛依ともライブ中のクールな愛依とも違う少し笑っている大人な表情の愛依で、竹ランプの幻想的な風景に映えますね。この写真はプロデューサーがたまたま撮ることができた写真ですが、こういった表情もあるぞっていうのを見せてもらえたカードです。

 

5. pSSR 『アイの誓い』八宮めぐる

f:id:kantera753:20211124224833j:image

 

だめでしょ!!!高1だよ!!!

もう破壊力がすごい。色とりどりの風船と純白のドレスを着た八宮めぐる(16)・・・また似合ってるんだなこれが。

この衣装はブライダル雑誌の撮影で着たドレスです。ドレスにはイルミネーションスターズにちなんで星の模様が入っています。一気にめぐるらしさとかアイドルの衣装らしさが出てとてもいいですね。

実はこのイラストはプロデューサーの想像で、撮影に使用した風船はサムシングブルーにちなんで青い風船を使っています。

f:id:kantera753:20211124232651j:plain

余談ですが、この衣装の立ち絵はよーーく見ると頬にチークが塗ってあります。細かいとこもちゃんとこだわってるシャニマス

f:id:kantera753:20211124234514j:plain
f:id:kantera753:20211124234509j:plain

 

 

~sカード編~

 

1. sSSR 『今日の手は空を切らない』芹沢あさひ

f:id:kantera753:20211123212448j:plain

 

「わっ、こら……!ふゆは行かないって……!」

「2対1だもんね~!行こ行こあさひちゃん!」

「はいっす!」

 

このカードイラストが一番好きです。これのためにこの記事を書き始めました。もうここ書いてる時点で24日過ぎてるとかどうでもいいです。これがやれたら満足。嘘ですホントはちゃんと期間中に仕上げたかったです・・・・・・・・・・・・・

 

これはこの3人のステージの外での関係性がばっちり描写されてますよね。2人を引っ張るあさひ、喜んでついていく愛依、文句言いながら仕方なくついていく冬優子。もう上のセリフをイラスト見た時点で脳内で言ってます。

細かいところで言うとあさひの手の持ち方の違いもいいですね。愛依は自分から手を出してるから手を握ってるけど冬優子は行くつもりないけどあさひは当然一緒に行くと思ってるから冬優子の顔も見ずに手首掴んで引っ張ってるんですよ。ストレイライトの日常が見られるいい一枚です。

 

サポートカードのイラストで着ている服は基本的に立ち絵にはならないんですが、その分いろんなバリエーションの服を見ることができます。私服以外にもパジャマやら浴衣やら様々です。

 

2. sSSR 『まだ……寝ないから……』大崎甘奈

f:id:kantera753:20211123212505j:plain

 

旅館のお風呂上りにいろいろ遊ぼうと千雪さんが戻るのを待ってたら寝ちゃった甘奈がイラストになっています。左下に散らばってるトランプが細かいですね。

ここで注目したいのは甘奈ではなく甜花です。この2人はめっちゃ仲良しな双子で普段は姉の甜花の方がかなりだらしないのですが、やっぱりお姉ちゃんですね。今回はかわいい妹に布団をかぶせてあげるやさしいお姉ちゃんの顔です。

 

3. sSSR 『アップ・トゥ・ユー』八宮めぐる

f:id:kantera753:20211123212450j:plain

 

これは雑誌の広告の看板ですね。「かっこいいイルミネーションスターズ」がテーマになっている撮影でかっこいいイルミネを考えるためめぐるの家で3人で討論会をしたりしていました。

このイラストはイルミネのカードの中でもかわいい成分はひかえめで、(ひかえめではない)3人で考えたかっこいいイルミネがオシャレに看板になっています。かっこいいを目指して3人がちょっと背伸びした感じのある表情がいいですね。

 

この時の4コマも好きです。

 

4. sSR 『好き、っていうのはね』

f:id:kantera753:20211123212510j:plain

 

かわいい×かわいい=めっ↑ちゃかわいい☆

幸福論 誕生~
アイデンティティー見つけた
アルストロメリアの花
咲いた 咲いた Silent Love~

アルストロメリアアルストロメリア

www.youtube.com

 

今回は甜花が寝てますね。だいたいこっちのパターンです。アルストロメリアの温かい幸せな雰囲気とこのイラストの色合いがマッチしていてとても好きな絵柄です。モルモットと戯れているアルストロメリア・・・一生見てられる・・・

 

5. sSSR 『×トリック/〇____

f:id:kantera753:20211123212502j:plain

 

このカードはトリック写真にあさひが映りこんでしまって失敗しているという一枚です。冬優子と愛依はばっちりきめてていいですね。肩に手なんか回しちゃって。冬優子の服も似合っててかわいいですね。数あるサポートカードの衣装の中でもこれが立ち絵に実装してほしいくらい一番好きです。

これはコミュの話なんですが、このイラストは冬優子がスマホの写真を整理しようとしたときに出てきた写真です。愛依は失敗してるのに消してなかったんだね~なんて言ってましたが・・・なんでやろなぁ(赤井英和

f:id:kantera753:20211126010954j:plain

ここの「もったいない」の言い方大好き

 

~~~~~~~~

ということで、シャニマスの好きなカードイラストを10枚選んでみました。どのユニットが好きなのか丸わかりですね。カードを選ぶのに時間はかからなかったですが、好きなことは間違いないのに理由がなかなか書けなくて24日を超えて丸一日経ってしまいましたがなんとか書き上げることができました・・・これからもまだまだ新しいカードは増えるだろうしまだ持っていないカードもたくさんあるのでいつかまたやりたいです。その時はもう少し書けるようになっとかないとですね。

 

 

最後に自分の最近のイチ押しシャニマス楽曲だけ紹介して終わりたいと思います。今年の4月に新しく加入した「SHHis」の『Fly and Fly』という曲です。それまでのユニットとはかなり違ったテイストの曲で、初めて聞いたとき、ライブで見たときはもうぶったまげました。カッコよすぎる。

この動画の2曲目です。

www.youtube.com

 

Fly and Fly

Fly and Fly

  • シーズ
  • アニメ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

はてなブログさん、遅れてすみませんでした!!!

一言で表せないけど面白かった! 仮面ライダーアギト 感想

55日ぶりです。どうも。 

東映特撮YouTubeで配信されていた仮面ライダーアギトがこの前最終回を迎えました。以前にもブログで書いたようにかなり楽しんで見終わることができました。劇場版とTVスペシャルも配信していたのでありがたかったです。

 

kantera753.hatenablog.com

 

デデンデッデデン テレレレレレ~ン

ンや~み~の~な~か~~~みっっっつ~め~て~る~

仮面ライダーAGITO

仮面ライダーAGITO

  • provided courtesy of iTunes

 

 

・・・ということで、仮面ライダーアギトなんですが、見たことない仮面ライダーの1つでした。平成1期は特に見てないやつとか見たけど覚えてないやつが多いです。ちゃんと覚えてるのは最近になってから見たクウガ龍騎くらいかもしれません。

なんかアギトって前のクウガ後の龍騎に比べてあんまり話題にする人が少ないというか、見る前はあんまりパッとしない印象でした。実際はめちゃくちゃ面白かったんですが、平成ライダー最初のクウガ、13人もライダーが出てくる龍騎に挟まれるとさすがに面白くてもあんまり話題には上がらないのかなって思いました。あとは単純に一言で表しずらいですね。2番目だし3人ライダーは今では少ないほうだしなかなか説明が難しいです。ただこのあんまりぱっとしないのが幸いしてかネットを見るようになってからいままでずっとネタバレを踏むことなく完全初見でアギトを楽しむことができました。

 

 

アギトで自分が見たことがあったのは有名な氷川さんが豆腐を掴めないシーンでした。アギトはそのシーンに代表されるようにギャグパートが普通に面白かったです。アギトはみんなキャラが立ってて掛け合いが楽しくて、豆腐のシーンもそうですが、翔一と氷川さんがテニスをする回とか翔一の無免許をドヤ顔で指摘したら普通に翔一が記憶喪失になってから免許取ってた話みたいな主に氷川さんを中心としたギャグ回が大好きでした。

 

みんなキャラが立っているのでどのキャラも好きなのですがやっぱり一番好きなのは最後まで北條さんでしたね(警察の人たちはみんな好きでしたが)。最後までG3ユニット(特に小沢さん)に突っかかったりイヤミを言ったりしている人でしたが、射撃の腕は立つしアギトの正体に一番最初に気付いたり、あかつき号事件とアギトやアンノウンのつながりを突き止めるなどめちゃくちゃ優秀な刑事で、何なら視力が弱くなった氷川さんをめちゃくちゃ心配するようなやさしいところもあるめっちゃいい人なんですよ!最終回の「来ると思っていましたよ」がこれまでのG3ユニットとの関係の変化が感じ取れて大好きです。

中盤あたりから入りだすギャグシーンの北條さんも大好きです。お気に入りは翔一のマジックのタネを明かすのに夢中になっちゃう北條さんです。

 

 

BELIEVE YOURSELF

BELIEVE YOURSELF

  • provided courtesy of iTunes

挿入歌はBELIEVE YOURSELFのほうが好きです。最終回で流れて嬉しかった。

 

4人いる仮面ライダーの中で一番好きだったのはアギトでした。その中でもバーニングフォームが一番好きで、ゴツい体にパンチ一発でアンノウンを爆散させる圧倒的パワー。若干前傾姿勢の立ち姿もいいですね。TVスペシャルではなんと暴走フォームだったことが判明し、さらに好きポイントが上がりました。(暴走フォーム大好き)

装甲割れちゃったしシャイニングフォームが登場したらもうでなくなるかな?と心配していたのですが、毎回バーニング→光を浴びてシャイニングの手順を踏んでいてほぼ毎回バーニングの戦闘シーンが見られて大満足でした。

 

 

仮面ライダーAGITO~24.7 Version~

仮面ライダーAGITO~24.7 Version~

  • provided courtesy of iTunes

 

アギトの話はとても面白かったです。あかつき号事件と翔一の過去という2つの大きな謎をかなり終盤まで引っ張りつつ、メインの3人のライダーの物語が交わっていってこの謎に向かっていくのは見ていてとても楽しかったです。3人がお互いの正体を知るところもお互いの関係があるからこそのおまえだったのか!がめちゃくちゃ面白かったです(特に氷川さん)。やっぱり38話は面白かった。ここでもそれぞれのキャラが立っている事が生きてきますね。

 

ラスト5話がだいぶ賛否分かれていたみたいなんですが、自分は好き寄りな印象でした。「一ヶ月後」にはだいぶびっくりしましたけど。神、翔一に殴られたのがそんなにショックだったのか・・・

いいところはしっかり「その後」が見られたことですね。翔一も居候をやめて自分の道を進みだしましたし芦原さんもようやく平和な人生を送れそうだし氷川さんは変わらず優秀な刑事として活躍していました。みんなアンノウンのいない平和な生活をようやく送れたようでよかったです。

あと沢木哲也が翔一と一緒に手を掴むとこ。あそこも好きなシーンですね。最初はこの人めちゃくちゃ怪しかったんですが、最後に神へ人間とアギトの可能性を熱く語っていい笑顔で死んでいっためっちゃいい人でした。

 

うーんて思ったとこはさそり座ですね。さそり座が動いた!と言いつつアンノウンの人を殺害していくルールだっただけで最終決戦にはあんまり関係なかったし芦原さんはまた可哀そうなことになってたし。あとは神と直接対決してほしかったな~って感じです。

 

 

 

こんな感じでアギト初見で全話見終わった人の感想でした。書き足りないって思う気もするけど今の自分に自分の思っていることを表現する力がないのでまたいつか書けたらなと思います。自分の中で面白かった仮面ライダーランキングの中で結構上位に食い込んだ作品でした。一言で表せと言われるとやっぱり難しいですが好きですアギト。小説版もどこかのタイミングで読みます。

あと真魚ちゃんずっと可愛かった。

 

 

 

アギト、おもしろっっっっっ

お久しぶりです。(n回目)

東映特撮チャンネルで配信されている仮面ライダーアギトが面白かったので書いてます。まだ最終回まで配信されていないので、とりあえず今週分の37、38話の話をしようと思います。(土曜日に消えてしまうのでリンクは貼りません)

 

今週の回はいわゆる正体バレ回です。ギルスと戦っていたアギト(アナザー)の木野さんが変身解除するところを目撃してアギトは人間が変身していると確信した(どう見てもアギトには見えないけど)氷川さんと北條さん。氷川さんは木野さんに直接接触し、北條さんはアギトを対アンノウンの戦力とするため再びアギト捕獲作戦を実行します。今週はこんな感じでした。

 

僕がアギトで一番好きなのは北條さんなんで今回は北條さんの見どころがかなり多くて大満足でした。アギトの正体を警察組の中で一番最初に知るというのが特に嬉しかったですね。普通に氷川さんだと思っていたのでびっくりしました。

 

翔一が北條さんに自分がアギトだと知られてしまうシーンも好きです。催眠療法の人の軽い誘導に引っかかっちゃっう翔一とそこにすかさず「今、答えようとしましたよね!?」って突っ込む北條さんの掛け合いが好きですね。この後正直に話すのに翔一の性格のせいで全然信じてもらえないのも好き。

 

このあと翔一の口からこの物語の最大の謎の「あかつき号」の名前が初めて出るんですけど、この時の翔一は逆行催眠をかけられていて、何かのきっかけで思い出すとかじゃなくてこれでいいのか!?ってちょっと思いましたね。翔一はたぶん覚えてないけど。トリニティの時はなんか水に落ちて急に記憶戻ってたけど。

 

あかつき号の名前を聞いて翔一がアギトだと確信した北條さんは嬉しそうに小沢さんに小言を言いに行ってアギトを捕まえたことを自慢げに話してたのにカマかけられてうっかり「なぜ知ってるんです!?」とか言っちゃってバレて、しかもアンノウンに襲われてる氷川さんを助けるために翔一取られちゃう(しかも止めたら小沢さんに容赦なく蹴られる)。北條さんの天下おわり。ここはうっかりでバレてしまってからの北條さんの心底つまんなそうな顔が大好きですね。アホかわいい。

 

小沢さんが翔一と会話するとこも好きですね。セリフの量はそんなに多くないのですが、「あなたでよかった」とどこかほっとした風の小沢さんや氷川さんを助けてと頼まれた時の「はい、なれてますから」の安心感。小沢さんの前で変身するときはいつもと同じ変身なのになんだか違って見えていいですね。

 

あと37話でシャイニング初登場でしたね!なんか初登場バーニングと比べて地味じゃなかったか?設定うろ覚えですけどたしか太陽の力で変わったんだったかな。太陽の光受けてバーニングの鎧が割れたんですけどトリニティの時みたいに記憶取り戻してから変わるのかと思ってました。自分はバーニングがゴツくてパワフルでカッコよくて好きだったのでもう少し活躍してほしかったなと思いましたけどもうバーニングにはならないのかな・・・

 

次回はおそらく氷川さんにもアギトの正体がバレると思うんですけど、もうめちゃくちゃ楽しみです。自分の理想の戦士像をアギトに抱いてる節がある氷川さんがそのアギトの正体はいつもちょっかいかけてくるあの記憶喪失の居候だと知ったときの反応が早く見たい。次回予告に映ってたギルスも気になる。

 

仮面ライダーAGITO~24.7 Version~

仮面ライダーAGITO~24.7 Version~

  • provided courtesy of iTunes

 

 

ダイパキッズ、待ちきれずダイパをやる

f:id:kantera753:20210225223535j:plain

何かゲームの発表ごとがあれば毎回発表される前からトレンド入りし、今のところ情報が何もなく存在するかどうかもわからないので結局なんかみんなガッカリしていることでおなじみ「ダイパリメイク」。そしてリメイクの情報があるかないかで一喜一憂している「ダイパキッズ」。基本的にはポケットモンスターダイヤモンド・パール/プラチナが大好きでそろそろリメイク版が出てもおかしくない時期だから期待している人のことです(ちょっと過激な人もいるけど)。最近では情報が出なさすぎて幻覚を見ている人も多いみたいです。

このゲームは、シリーズで初めてオンライン対戦ができるようになったり、攻撃技に物理と特殊の区別がタイプごとから技ごとに変更になって戦略が複雑になったりと前作のルビー・サファイアからかなり進化したゲームで、最終的に世界売り上げ1700万本を突破したゲームです。思い入れのある人は多いんじゃないでしょうか。今年で15周年です。

 

自分もダイパキッズの一人なんですけど、先日のニンテンドーダイレクトで何もなかったので我慢できなくなり、中古でダイヤモンドを買ってしまいました。現在は3つめのジムに挑んでいる最中です。最初の三匹からは昔やってた時に選んだヒコザルを選びました。昔やってた時はプラチナをやっていたのですが、けっこうダイヤモンドパールからの変更があったらしく、ジムのギミックや攻略するジムの順番や、ストーリーのイベントも多少違っていて、昔とはまた違う新鮮な体験ができそうです。

今自分はスロットとちかつうろに夢中なのでストーリークリアは時間かかりそうです。

 

 

と思ってたらなんか2月27日のポケモンデーでなにやら『『最新情報』』が公開されるみたいですよ。その時見るのはダイパリメイクか幻覚か・・・

 

 

 

リングフィットしんどいけどおもろい

 

kantera753.hatenablog.com

 

リングフィットアドベンチャーを購入してから3週間ほどたちました。何日か休んだ日はありますが、継続できています。体の変化とかは写真撮ったりしているわけでもないのでいまいちわかりませんが、とりあえず外出歩いて次の日筋肉痛なんてことは無くなりましたね。

まずこのゲームは、筋トレのゲームなだけあって何をするにも筋肉を使います。移動はもちろん筋肉、敵に攻撃するのに筋肉、攻撃を防ぐのも筋肉、アイテムを吸い込むのも筋肉、ミニゲームも宝箱を開けるのも回復アイテムを作るのも・・・

とことん筋肉を鍛えるゲームです。

 

最近は使えるフィットスキルが増えてきて威力が低かったり一度に攻撃できる敵が少なかったりする技がどんどんリストラされていっています。序盤に苦しめられた(体が)バンザイプッシュとかニートゥチェストとかがリストラされました。

あーあ!威力高かったらいっぱい使って筋トレしたんだけどなぁー!!!

今でも威力高くてしんどい技結構あるんですけどね。

 

こんだけしんどい技があるだけに敵に回復されると心折れそうになります。

このめちゃめちゃマッチョなドラゴンがこのゲームのボスです。主人公とリングを待ってる間はずっと筋トレしてる。

 

このゲームは、筋トレをする自分をめちゃくちゃほめてくれます。ゲームを起動するたびに「しっかり継続できていますね!」とか「10日続けるのはなかなかできませんよ!」とか「7日目です!ラッキーセブンですよ!」などほめ言葉としてはよくわからない言葉まで使ってほめてくれます。攻撃するときも一発一発「いいよ!」「輝いてる!」など丁寧にほめてくれる。

BEST判定を出せれば。そう。BESTを出さないと全然ほめてくれない。疲れてきてしんどいところに全然ほめないという追い打ち。こうなったときがその日のやめ時なんだと思う。苦手すぎて1セットやっただけでこうなるのもあるけど。

 

今まで運動することに対してかなり後ろ向きだったんでこういう運動する機会をくれた任天堂には感謝です。楽しく運動できてますよ。まだまだ体に変化は見られないのでこれからも継続していこうと思います。このゲーム普通にやっててもストーリー終わらせるのにめちゃめちゃ時間がかかるらしく、主人公のレベルも999まであるそうなので、筋トレの道はまだまだ続きそうですね。

 

 

任天堂の公式ページにこのゲームの誕生秘話やリングコンがどういう試行錯誤のもと生まれたかなどを開発スタッフにインタビューした記事がありました。読んでいて知らないことだらけで楽しかったので暇なときにでもどうぞ。へぇ~って感じ。

topics.nintendo.co.jp